89%の人は、たった1つの画像からこれらのすべてのハリー・ポッターのキャラクターの名前を当てることができません! あなたにはできますか?

著者: Valerie

このクイズについて

ハリー・ポッターシリーズは素晴らしい豊富で多様なキャラクターを生み出しました。 トロール、帽子、絵画、ヒーロー、そして最も卑劣な悪役でさえ、誰であろうとも、あるいは何であろうとも素晴らしいキャラクターを生み出すことができます。 スクリーンショットからこれらのすべてのキャラクターを当てるための十分な魔法をあなたは持っているでしょうか? このクイズをやってみて、あなたがどれくらい多くの名前を当てることができるか見てみましょう。

ルシウス・マルフォイとナルシッサ・マルフォイの息子であるドラコ・マルフォイは、何世紀にもわたってその純血な魔法使い一族が所有していた壮大な大邸宅、マルフォイ邸で唯一の子供として育てられました。 ドラコはホグワーツでの初日から、常にハリー・ポッターのことを羨ましく思っていました。 彼は名声を求めたことはありませんでしたが、ハリーは間違いなく学校で最も人気があり、賞賛されていました。これは彼が特別であり、魔法使いのコミュニティ内でほぼ上位のポジションであると信じて育った少年を自然と不快にさせました。

シャーベットレモンを愛するフェニックス勲章の創始者であるアルバス・ダンブルドアは、多くの人に最も強力な魔法使いの一人であると考えられています。 ホグワーツの校長は、すべてのハリー・ポッターの本において重要な役割を果たしました。 最も有名で興味深いハリー・ポッターファン説の1つは、伝説の魔法使いアルバス・ダンブルドアは実は成長し、時を経て戻って来たロン・ウィーズリーではないかということです。 この奇妙なアイデアは、2004年に浮上し、「Knight2King 説」として知られています。 著者は、ロン/ ダンブルドアが同じ人物の2面であるという真の印象的な状況証拠を示しました。

ハリー・ポッターの2人の親友のうちの一人、グリフィンドールの仲間、そして最年少のウィーズリーの息子、ロン・ウィーズリーは、このシリーズの中で最も曖昧なキャラクターの一人です。 賢者の石で彼の性格が表れているページの中で、私たちは彼が大きな家族の中で一際目立つように、彼の怒りの主な原因をすぐに発見します。

ヴォルデモート卿が生まれた時に選んだハリー・ポッターは、すぐに彼の最大のライバルとなり、魔法界における真の英雄となりました。 マグルの世界では、「ポッター」は単に陶器を作る人を意味する職業名です。 魔法使いの家であるポッター家は、12世紀の魔法使いスティンチコームのリンフレッドという、奇妙でエキセントリックですが、とても愛されていた、ニックネームが「ポッタラー」で後に「ポッター」となった先祖から来ています。魔法使いのポッター家には著名な始まりがあり、そのうちのいくつかは死の秘宝で示唆されていました。

人気のあるハッフルパフのシーカーで、人気のあるハンサムな学生として、セドリック・ディゴリーはトリウィザードトーナメントで競い合い、ヴォルデモート卿によって殺害されました。 セドリックはいつも手助けをするタイプの人間で、結局はすべての魔法使いのために自分自身を犠牲にしました。

なんだか素朴で、でも親切で、正直で勇敢なルビウス・ハグリッドは、どんなに危険なものであろうと、すべての生き物を愛しています。 ホグワーツの森番は、ハリーとダンブルドアにとって、いつでも忠実な友人です。

ハーマイオニー・グレンジャーは、ホグワーツ在籍中に、堅苦しくて、孤独で、素朴なマグルからグリフィンドールの勇敢な人物の一人となりました。 彼女は一流の魔女であり、忠実な友人であり、善悪のための強力な主唱者でありますが、ハーマイオニーは法律を何度も破っており、全く逮捕されず、刑務所に送られなかったことは幸いです。

グリフィンドールの家には、生前ニコラス・ド・ミムジー・ポーピントン卿であったホグワーツの幽霊であるほとんど首無しニックが住んでいます。 J.K. ローリング氏は 彼女のウェブサイト、ポッターモアのために書いた記事によると、ニコラス卿は、魔法によって女性を美化しようとする愚かな試みが不幸な女性に牙を生やしてしまうことになるまで、生涯ヘンリー7世の裁判所あたりでのらくら過ごしました。 彼はその後、杖を剥奪され、不当に処刑され、彼の頭は一枚の皮でぶら下がりました。 彼は本当に頭のない幽霊を羨ましく思い、自身の無能さを感じています。

ホグワーツの魔法薬学のマスター、セブルス・スネイプは、トビアス・スネイプ(マグル)とアイリーン・スネイプ(魔女、旧姓プリンス)の息子です。 彼は魔法薬学とオクルメンシーにおいて非常に熟練しています。 これらすべての年月の間、セブルス・スネイプはリリー・ポッターに恋い焦がれ、他に親密な関係はありませんでした。 誰も彼を友人、息子、夫、親、またはメンターとして知っていませんでした。 彼は他に親密な関係はなく、彼女の死後でさえも、彼はリリーに対する愛情を持ち続けていました。

リーマス・ルーピンは、フェニックス勲章、ホグワーツ教師、そして狼男の一員でした。 リーマス・ルーピンの5歳の誕生日の直前、フェンリール・グレイバックが彼を攻撃しました。 子供は生き残りました。 しかし、以来、リーマスは完全に本格的な狼男になることになります。

ミネルバ・マクゴナガルという名前をどのようにして思いついたのかと聞かれたとき、J.K. ローリング氏は、ミネルバはローマの戦士と知恵の女神だと説明していますが、英国史上最悪の詩人であることで有名なウィリアム・マクゴナガルもいました。 その名前に関して、著者には何か魅力的なものがあり、そしてそのような華麗な女性は、ばかげたマクゴナガルの遠い親戚かもしれません。

オリバンダー家は長い間、ミステリアスな杖の専門と関わってきました。 彼らは、この名前は「オリーブ棒を所有する者」を意味しています。

アラスター・”マッド・アイ”・ムーディは、非言語魔術にも熟練した優れた魔法使いで、オーラーの家中で、非常に優れたオーラー(闇祓い)です。 アラスターは、ハリー・ポッターのホグワーツでの4年目の頃、闇の魔術の防衛術の教員としてアルバス・ダンブルドアによって雇われました。

禁じられた森の恐ろしい巨大なクモであるアラゴクは、ルビウス・ハグリッドにしか忠実ではありません。 アラゴクは黒くて灰色の毛むくじゃらのボディと8つの乳白色の目を持っています。

1番のファン説の1つは、ネビル・ロングボトムが本当に選ばれた者であり、ヴォルデモート卿がハリーを選んだときに間違いを犯したということです。 多くの人が、ひょっとして本のシリーズ全体が間違った人物を追っているのではと思っています。その理由は次のとおりです:ハリーがヴォルデモートを殺すのに疲れて失敗する瞬間を覚えていますか? そして、すべての希望が失われたように見えるだけで、ネビルはほこりから立ち上がり、英雄的な行為にでます。 もしヴォルデモートがネビルを代わりに敵としてマークした場合、ハリー・ポッターの世界がどのように見えるのかを探るTumblrのユーザー・インク・スプラッチが書いたファンフィクションさえ存在します。 この長い、エキサイティングな物語は、それぞれの本に大きな変化をもたらします。

ドローレスのホグワーツでの時間は、彼女の権限の範囲外に足を踏み入れ、ファッジが彼女に与えた権限を超えたため、悲惨に終わりました。 彼女はホグワーツでのキャリアに悲惨な終わりを告げた後、揺れ動きながらも仕事に対して熱狂的なままで、彼女は魔法省に戻った。 J.K. ローリング氏によると、 ヴォルデモート卿の衰亡とともに、ドローレス・アンブリッジは、彼の体制との協力のために裁判にかけられ、数人の拷問、投獄、死刑判決のために有罪判決を受けました(残念なことに、彼女がアズカバンに宣告した無実のマグル生まれの人々は生き残りませんでした)。

組み分け帽子は、各学年の始めに歌を歌います。 伝説には、かつて神聖な帽子が4人の創設者の一人、ゴドリック・グリフィンドールに属していたことがあります。 組み分け帽子は、あなたがホグワーツで目にする最も飛び抜けて優れている魔法にかけられた物の一つです。それは4人の創始者の知性を持ち、話すことができ、レジリメンシーに熟練しています。

虚栄心が強く、傲慢で、利己的なギルデロイ・ロックハートは、ただの怠け者で、決して悪い魔法使いではありませんでした。 ホグワーツの後、彼は自分の才能を一つの方向で磨くことに決めました:メモリーチャーム。 このトリッキーな呪文を完成させることによって、彼は多大なる功績を残した勇敢な魔女や魔法使いの記憶を修正し、自身の成果として称えることができました。

もう一人のウィーズリー、グリフィンドールのビーターとウィーズリー・ウィザード・ウィーズの共同オーナーであるジョージは双子の兄弟とともに、人生の最も暗い瞬間でさえ明るくするいたずら作りのチャンピオンです。 双子はトリックと発明の創作に特化しています。 彼らの最も優れた発明には、デイドリーム・チャーム、伸び耳、トリック・ワンズなどがあります。

雑誌クィブラーの編集長、ゼノフィリウス・ラブグッドは、他の魔女や魔法使いがよく知らない(またはただ存在しないと信じている)魔法のアイテムやクリーチャーについての知識が豊富です。

多くのHPファンは、ベラトリックス・レストレンジが密かに彼女のマスターと恋に落ちた、もしくは彼女はある時点で彼の愛人だったと信じています。 ヴォルデモートの最も敬虔な信者の1人であるベラトリックスは、本や映画の中で最も恐ろしい場面に出くわします。 この魅力的しかし残酷で無慈悲な魔女は、彼女のマスターと血の純粋さに取り憑かれています。

屋敷しもべ妖精ドビーはハリー・ポッターの最も忠実な友人の一人で、ホグワーツでの2年生から彼をサポートし、さらに彼の命を救いました。 不器用で素朴な屋敷しもべ妖精は、ケーキでダースリー家のキッチンを改装してしまったり、ハリーの個人用ポストを隠したり、そしてもう少しで追放されそうになってしまいそうだったときは悪夢のようなものでしたが、 彼は決して献身的な友人ではなかった訳ではありません。

コーネリウス・ファッジは、古い伝統を必要以上に好む、キャリア政治家です。 彼がヴォルデモート卿の脅威が続いていると言うことを否定し続けたことにより、最終的に彼の仕事が増えることとなりました。

魔法界では、ルーナ・ラブグッドほど優しい人はほとんどいません。 真のレイブンクロー、ルーナはいつもハリーと彼の友人たちを何の見返りを求めずに助けていました。

シビル・トレローニーの才能は本物ではないと多くの人が考えていましたが、シビルは自分自身を知っていた以上に受け継いでいました。 真の予言者、カッサンドラ・トレローニーの曾々孫、シビル・トレローニーは、少なくとも2回正確に預言しました。 彼女は本物の透視の非常にまれなフラッシュを経験しても、後でそれを思い出すことはできません。

ヴォルデモート卿の最も忠実な使者でホークラックスの一員であるナギニは、少し変わったのヘビです。 彼女はセブルス・スネイプを含む多くの人を殺し、グリフィンドールの剣でネビル・ロングボトムによって殺されました。

ハリーの父親であるジェイムス・ポッターは、すべての本に大きな影響を与えています。特に、ハリーは彼の目を除いて、もちろん彼とそっくりだからです。 ティーンエイジャーの頃、ジェームスは少し生意気で傲慢でそして残酷でしたが、年を取るにつれて、彼はもっと賢く、思いやりを持つようになります。 彼はとても裕福な純血の家の唯一の子供で、頭がよく、優れたクィディッチ選手だったので、彼が自惚れていたこともまた特に驚くことではありません。

最終本によると、コリン・クリービーはホグワーツの最後の戦いで死喰い人たちによって殺害されました。 彼はホグワーツの戦いにおいて最年少の犠牲者でした。

マルフォイの名前は古いフランス語に由来します。 それは「悪意」を意味します。 ルシウス・マルフォイはヴォルデモート卿の死喰い人の1人として悪名高いですが、ヴォルデモート卿がクーデターを試みた後、刑務所送りになるのを2回もうまく回避しました。 第一に、彼はインペリアス・カースの下で行動していたと主張しました。 第二に、彼は仲間の死喰い人に対して証拠を提供し、隠れていたヴォルデモート卿の多くの信者を見つけ出すための手助けをしました。

トンクスがハリー・ポッターの世界に初めて加われた際、彼女は気まぐれでフレンドリーで不器用なオーラーとして描写されました。彼女ははまた七変化の能力を持っていました。 彼女は当時の最年少の党首でした。

オリバー・ウッドはクィディッチとなると熱狂的です。 ハリーの最初の3年間、彼はクィディッチでキーパーとしてプレイする一方で、グリフィンドールのクイディッチチームのキャプテンを務めました。 卒業後、彼はパドルミア・ユナイテッド リザーブチームと契約しました。

ウィーズリー 夫人は、ハリー・ポッターの世界において注目すべきキャラクターです。 彼女は、ハリーが自分の子供の一人であるかのように彼をバロウに迎え入れる、7人の子供を持つ、意思が強くて勇敢な優しい母親です。

彼の妻ペチュニアのように、バーノン・ダースリーは魔法や珍しいもの、普通でないのものをひどく嫌いました。 当然、彼はまさにその両方の象徴とも言えるハリーのことを嫌っていました。 実際に、バーノンのハリーに対する軽蔑はひどかったので、バーノンは彼の甥が彼の家で「魔法」や「魔法使い」のような言葉を言うことを禁止しました。

ボルデモルト卿の忠実な使者、バーティ・クラウチ・ジュニアはロングボトム家を拷問したことで、父親であり、魔法省の役人であるバーテミウス・クラウチ・シニアによってアズカバンに送られました。 バーティ・クラウチのアズカバンからの脱出は、妻の要請に応じて行動していた父親のバーテミウス・クラウチ・シニアによって計られました。 バーテミウスの妻がバーティの代わりに非常に早くアズカバンで死亡したため、彼の脱出は発覚しませんでした。

ピーター・ペティグリューは、ヴォルデモートの忠実な信者であり、またアニマガスも、あらゆる意味でネズミでした。 この不人気で、弱く、魔法のように平凡なホグワーツの学生は、ほとんどいつも「ワームテール」というニックネームで呼ばれ、ホグワーツのジェームズ・ポッターの友人でした。

才能のあるマグル生まれの魔女、リリー・ポッターは、自分の子供を守っている間に、第一魔法戦争中にヴォルデモートによって殺害されました。 彼女はハリー・ポッターシリーズの中で最も悲劇的なキャラクターの一人であり、最も英雄的な存在です。

ハーマイオニーは常にハリー・ポッターの世界において、最高の女性役モデルでした。 誰もがハーマイオニーを慕いましたが、さらに賞賛すべき人物が一人います:熱いジニー・ウィーズリーです。 ストーリーの始めでは、彼女は「生き残った男の子」に恋い焦がれ、ホグワーツに行きたがっている10歳の恥ずかしがり屋の女の子に過ぎませんでした。 しかし最終的に、彼女はハリー・ポッター自身と同じくらい、頑強で、勇敢で、スマートで、自信があり、生意気で強い女性になります。

ヤックスリーは「聖28一族」の一つです:『純血一族一覧』の著者によれば、間違いなく純血の血筋と認定されたイギリス人家系がたったの28しかありません。 死喰い人、コーバン・ヤックスリーは、ヴォルデモート卿が魔法省の支配下にあったときに魔法法執行部の部長であった。

スリザリンは、ホラス・スラグホーンもいたため、ヘビやスナーク、そして皮肉主義に間することがすべてではありません。 スラグホーンは当初から複雑なキャラクターでした:スリザリンの元寮監が何を入手しているのかは決してあなたには確かめられません。

フェンリール・グレイバックは意地悪で残酷で野蛮な狼男であり、ただ楽しみのために子供を攻撃する、忠実なヴォルデモート支持者です。 彼は地域コミュニティのリーダーであり、可能な限り多くの人にライカンスロピーを感染させようとし、いつの日か魔法界中を乗っとるのに十分な軍事力を持てるように願っています。

ダンブルドアがホグワーツの敷地から禁止した日刊予言者のジャーナリストは、違法なアニマガスの姿に変えることで彼女の道を切り開きました:それは厄介な小さなカブトムシです。 この姿は、他の人の不幸を喜び、くだらない話を餌とし、主に誤った情報に基づいてストーリーを書くジャーナリストに最適です。

アーガス・フィルチは書籍から映画に移る際にその多くを省かれてしまった "ハリー・ポッター"の素晴らしいキャラクターの1人です。 彼は学校のために尽くす管理人であり、あらゆる面で驚くほど悲しい人物です。彼は特に純血魔女や魔法使いによって軽視されている、孤独で不幸な、本来魔法界生まれのマグルです。

嘆きのマートルは、うるさくて常に精神が不安定な不幸なホグワーツの幽霊で、主に彼女は同じ学校であったトム・リドルのバシリスクによって自身が殺された女子トイレに出没します。 彼女はすすりなき、不安定になりやすく、しかしまた意地悪にもなり、しばしば他人の不幸を喜びます。

7人の子供の父親であり、勤勉な男であり、素晴らしい夫であり、忠実な友人であり、血を裏切る者とよばれる、アーサー・ウィーズリーはいつもマグルとその発明に魅了されていました。 彼は書籍ではユーモアがある性格で、彼の周りの政治家とは対比していて、ハリーを気にかけ、魔法界における典型的な「普通な」家族生活の垣間見ることができます。

シリウス・ブラックは、ジェームズとリリー・ポッターの旧友で、アズカバンから脱出したアニマガスで、ハリーの名付け親です。 おそらく、ジェームズ・ポッター、シリウス・ブラック、リーマス・ルーピン、ピーター・ペティグリューの4人の親友のように忍びの地図の創作者そして貢献者になるほど、ホグワーツを徹底的に探検したことのある生徒はいません。

フィレンツェは、白い金髪、パロミノのボディ、そして青い目を持つケンタウルスです。 彼は他のケンタウルスよりも人間を信頼しています。 1996年から1998年にかけて、彼はホグワーツ魔法魔術学校で占い学の先生でした。 以前、彼はスコットランドのホグワーツの領土にある禁じられた森に彼の群れとともに住んでいました。

トム・マールヴォロ・リドルは常に問題児でした。 最初は亡命で、後にホグワーツで、闇の魔術と操作を好む厄介な若い魔法使いは、人々を傷つけることを愛していました。 幼い頃から、彼は自分が特別だと思っていました。 後に彼は最も強力な闇の魔法使いになりました。

パーシーはフレッドとジョージより2歳年上で、ウィーズリー家では他と比べて異なっていて、目立っています。 彼は堅苦しく、彼の前または後ろの兄弟の自然なカリスマ感がありません。

About HowStuffWorks Play

How much do you know about dinosaurs? What is an octane rating? And how do you use a proper noun? Lucky for you, HowStuffWorks Play is here to help. Our award-winning website offers reliable, easy-to-understand explanations about how the world works. From fun quizzes that bring joy to your day, to compelling photography and fascinating lists, HowStuffWorks Play offers something for everyone. Sometimes we explain how stuff works, other times, we ask you, but we’re always exploring in the name of fun! Because learning is fun, so stick with us!

もっと多くのクイズを見る