イギリス車か日本車か:あなたは何台見分けられますか?

AUTO

著者: Robin Tyler

5 Min Quiz

: Pixabay / Pexels

このクイズについて

イギリスも日本も、素晴らしい車を作ることができるのは間違いなく、何十年にも渡って作り続けてきました。

イギリス車は特に、MGやトライアンフのような洗練されたデザイン、オープントップタイプのツアラーや高級車で知られています。もちろんスポーツカーも有名で、洗練さ、高級感、スピードの全てが1台に備わっているアストンマーティンは人気のブランドです。もし自分のことを、イギリス女王みたいな王族のように感じているのなら、贅沢そのものであるロールスロイス以上の車はありません。

では日本車はどうでしょう?伝説になっている軽自動車や小型車など、あらゆるタイプの車を作っています。トヨタ、ホンダ、日産といったブランドは世界中に進出しており、アメリカでも販売されています。

イギリス車や日本車の中で、自分が探し求めている車も必ず見つかるはず。では、本題に移りましょう。写真を見ただけでイギリス車か日本車か分かりますか?

この難しい車識別クイズに首尾よく答えることができるのか見てみましょう。

この車はイギリス車でしょうか、日本車でしょうか?

2018年版のアキュラIRXは、このクラスで最も安い車の一つです。燃費は抜群ですが、性能はそれほど優れていません。初歩レベルのこのモデル燃費性能は、一般道で約 15 Km/L (35マイル/ガロン)、市街地で約 10.6 Km/L (25マイル/ガロン)で、それ以外は装備品も必要最少限のものしか装備されていません。

Advertisement

年間販売台数が30万台を超えるアメリカで大人気のこの車は、イギリス車でしょうか、日本車でしょうか?

1976年に初めて生産されたホンダ・アコードは現在、9世代目が生産されており、大型車市場で販売されています。アメリカで最も売れている車で、ほぼ毎年年間30万台以上が販売されており、最高売上を記録した年は1990年でした。

Advertisement

今も昔も風格のあるこの車は、どちらの国が作ったのでしょうか?

ヘンリー・ロイス卿が設計したロールス・ロイス・15hpは、1905年に6台だけ製造されました。3.0リットルの3気筒エンジンを動力源としていました。

Advertisement

この素晴らしいスポーツカーを作ったのはどちらの国でしょうか?

LFAはレクサスのスポーツカーで、2010年から2012年までのわずか2年間だけ生産されました。レクサスの中で最も高価な車の一つで、わずか500台のみ生産され、552ブレーキ馬力を出力する、4.8リットルV10エンジンを動力源としていました。

Advertisement

この6輪のF1レースカーはイギリス車でしょうか、日本車でしょうか?

ティレル・P34は、フォーミュラー1 (F1) に参戦した唯一の六輪車で、1976年と1977年のシーズンに参戦し、レースで勝利を収めましたが、その後すぐに製造停止となりました。

Advertisement

時にはコスモとして世界中で販売されているこの車は、どちらの国が作った車でしょうか?

「121」は、マツダ車のさまざまなモデルに使用されており、初めて使用されたのは、1975年から1981年にかけて製造された、ピストン型エンジン搭載のスポーツカー・コスモでした。

Advertisement

この写真に写っている人気の後輪駆動ロードスターは、イギリス車ですか?それとも日本車ですか?

ロータス社のエリーゼは、2ドア式後輪駆動ロードスターで、1996年に初めて製造され、現在も生産されています。十分なパワーをもち、楽しくて速い車です。

Advertisement

この写真に写っている、世界で最もよく売れている電気自動車を生産した国はどこですか?

全電気式自動車の日産リーフは2010年に生産が開始されました。電気自動車の場合、最も重要なのは走行距離ですが、現在、フル充電されたリーフの走行距離は大容量30kWhバッテリーで172km (107マイル)です。充電が無くなった場合、30分で80%まで充電が可能です。

Advertisement

この写真に写っている人気のオフロード車はイギリス車でしょうか?それとも日本車でしょうか?

トヨタ・タコマの2世代目モデルは、史上最高のオフロード車として多くの人にランク付けされています。厳しい地形での運転に優れているだけでなく、信頼性が高く、故障時にメカニックのいる場所から離れている場合などには重要な要素です。ストックサスペンションがあまり良くないことが一つの欠点で、タコマ所有者が最初に改良するのがこの部分です。

Advertisement

この写真のセダンはどちらの国が製造した車ですか?

日本ではあまり人気がありませんが、マツダ6は反応が良いステアリングのおかげで操作性に優れいます。乗り心地も快適で、燃費性能は市街地で約11.5 km/L(27マイル/ガロン)、高速道路で約15 km/L(35マイル/ガロン)と優れています。

Advertisement

近年、この写真のような車が約23億5千万円(2170万ドル)で販売されました。イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

2016年に、1950年代製のジャガー・Dタイプが、約23億5千万円(2170万ドル)で購入されました!驚くほど美しい車に、驚きの金額。この車はイギリスの最高傑作です。

Advertisement

ジェームズ・ボンドも私たちも大好きなこの車はイギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

典型的なボンドカーであることを除いても、アストンマーティン・DB5は間違いなく傑作です!この豪華なグランドツアラーは1963年から1965年の短い間に、わずか1000台のみ製造されました。ハードトップかコンバーチブルから選ぶことができました。

Advertisement

1981年に発売され、現在も好調な車です。イギリス車でしょうか?日本車か?

大型セダンの日産・マキシマは、1981年から生産されており、現在は8世代目が製造されています。エンジンは、直列4気筒エンジンもしくは、V6エンジンのどちらかから選べます。

Advertisement

このクラシックカーを作ったのはどちらの国かもちろん知っていますよね?

ミニMk1は1959年に発売されました。とても人気のある車で、長年に渡って何度もアップグレードが行われましたが、ミニの独特な魅力は決して失われませんでした。1990年代後半に生産停止となりました。

Advertisement

価格は約1億5千万円(約140万ドル)で、時速322キロメートル(時速200マイル)にまで達するこの車はイギリス車でしょうか?それとも日本車でしょうか?

6.0リットルV12エンジンを搭載し、時速322キロメートル(時速200マイル)にまで達するアストンマーティン・One-77は、もし1億5千万円(140万ドル)を持っているなら今すぐ購入するべきです。発売当初の価格が2億6千万円(240万ドル)だったことを考えると、かなりお手頃な価格になっています。あるいは、非常に価値が下がっているので、手を付けない方が良いかもしれません。

Advertisement

1930年代に作られた、紛れもなく美しいこの車はイギリス車でしょうか?日本車しょうか?

2012年に、ベントレー4.5リットル・ル・マン・スポーツ「ボブテイル」がカリフォルニアのオークションで約6億9970万円(644万9000ドル)で売却されました。この車は1930年代初期に多くの記録を樹立し、それがこの車のさらなる魅力となっています。

Advertisement

この小型スポーツハイブリッド車は日本車でしょうか?イギリス車でしょうか?

2010年から2016年まで生産されたCR-Zは、クーペタイプの3ドア式小型スポーツハイブリッド車です。電気エンジンは約14ブレーキ馬力を出力し、1.5リットルのガソリンエンジンは112ブレーキ馬力を出力します。

Advertisement

1983年に初めて発売されたこの車は、見ればすぐに分かります。イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

モーリス・ウィルクスは1947年に最初のランドローバーを設計しました。長年に渡って、ランドローバーは同社の最も象徴的な車種の一つ「ディフェンダー」と共に多くの人々に愛されてきました。最初のディフェンダーは1983年に生産を開始し、2016年まで生産されました。

Advertisement

この車は、大金をかけなくても格好いい外観と優れた性能を備えています。どちらの国の車でしょうか?

スーパーカーが欲しかったけれど、買えるほどのお金を持っていなかった?1990年代、常識にとらわれずに考えることができれば、三菱・3000GT VR4を手に入れることができたかも。外観が格好いいだけでなく、いくつか注目すべき性能数値を持ち、価格はほかのスーパーカーの数分の一程度でした。

Advertisement

このオフロード車はイギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

2速トランスファーケース、後部差動固定装置、箱状のはしご型フレームを標準装備している日産・エクステラは、優れたオフロード車で、265ブレーキ馬力を出力する4.0リットルV6エンジンを搭載しています。

Advertisement

フォード・エクスプローラーによく似たこの車はどこの国の車でしょうか?

1991年から1994年まで販売されたマツダ・ナバホは、基本的には、同時期に発売されたフォードの初代エクスプローラーで、日本の自動車会社がアメリカで販売した初めてのSUVでした。

Advertisement

この車は1970年代に初めて作られ、1990年代にV8モーターを搭載しました。日本車でしょうか?イギリス車でしょうか?

1996年には、ロータス・エスプリは20年以上に渡って生産されていましたが、エスプリV8が発売されると、すぐに根強い人気となりました。エスプリV8は、5速または6速マニュアルトランスミッションに連結されたアルミニウムV8エンジンを搭載し、最高時速281キロメートル(時速175マイル)にまで達し、わずか4.4秒で時速0キロメートル(時速0マイル)から時速96キロメートル(時速60マイル)まで加速することができました。

Advertisement

この古い車はイギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

この車については多くの議論があります。「1925 Old Number One」はMGが初めて製造した車だという人もいますが、それが判明したのはMGが既に生産を開始してから2年後のことでした。「1925 Old Number One」について分かっていることは、スポーツ競技のレース用に作られたということで、1.6リットルのエンジンを搭載していました。

Advertisement

この写真に写っているスピードの速いスポーツセダンは、イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

三菱・ランサーエボリューションⅥは1990年代初頭に日の目をみました。このスポーツセダンはフロント・エンジンの四輪駆動が特徴で、速いだけでなく、非常に操作性に優れている車でした。1990年代に6世代が製造されました。

Advertisement

現代のスポーツカーでこれ以上に優れた車はありません。イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

世界で最も優れたスポーツカーの一つである日産・GT-Rは速いだけでなく、操作性も非常に優れています。現世代のGT-Rは、スカイラインGT-Rの後継車で2007年に発売されました。3.8リットルのツインターボV6エンジンを搭載しています。

Advertisement

900ブレーキ馬力!すごい音です。この巨獣を作ったのはどちらの国でしょうか?

速そうに見えるだけでなく…マクラーレン・P1 GTRは速いんです。この900ブレーキ馬力を超える巨獣は、通常のP1のアップグレード仕様です。近年は、約4億6500万円(430万ドル)で販売されています。一番良い点?この車は公道を走れるんです!

Advertisement

もともとは準小型車クラスのこの車は、日本車でしょうか?イギリス車でしょうか?

準小型車クラスのコルサは、1982年にヨーロッパで発売されました。イギリスではボクホール社のブランドで販売され、高い人気を維持しており、現在では5世代目が販売されています。

Advertisement

このピックアップトラックは、どちらの国で作られたでしょうか?

日本の自動車メーカー・マツダが2006年から生産しているBT-50は、フォード・レンジャーと関連があります。現行モデルは、2.2リットルか3.3リットルディーゼルエンジンの二つの動力装置から選ぶことができます。

Advertisement

このSUVを作ったのは下のどちらの国でしょうか?

2006年に発売されたリヴィナには、コンパクトタイプと小型SUVがあります。興味深い事に、リヴィナは世界で販売される前に中国で最初に発売されました。現在の2世代目は、マニュアルトランスミッションとオートマチックトランスミッション、3つのガソリンエンジンから選ぶことができます。

Advertisement

この車のモデルはあまり作られませんでした。イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

2008年に、カリフォルニアのオークションでジャガー・E2Aが約6億700万円(560万ドル)で落札されました。この車はジャガー・EタイプとDタイプを繋いだプロトタイプと考えられています。

Advertisement

この写真の車は1950年代から1960年代にかけてアメリカで人気のあった輸入車です。イギリス車でしょうか?日本車でしょうか?

1959年から1967年まで製造されたオースティン・ヒーレー3000は、2.9リットルの直列6気筒エンジンを搭載した2ドア車で、ロードスターかコンバーチブルから選ぶことができました。多くのオースティン・ヒーレー3000が北米で販売され、1963年には生産されたオースティン・ヒーレー3000のうちの90%以上がアメリカで販売されました。

Advertisement

この車はV6エンジンを二つ搭載しています。どちらの国の車でしょうか?

スズキ・エスクード・ダート・トライアルカーは、1998年にパイクスピーク・ヒルクライムに参加。2つの2.5リットルツインターボV6エンジンを各車両に一つずつ搭載し、981ブレーキ馬力を出力、スピードは時速331キロメートル(時速206マイル)にまで達しました。

Advertisement

この写真のオフロード車はイギリス車でしょうか?それとも日本車でしょうか?

1974年から1993年の間に販売されたランドクルーザーFJ40は、トヨタの最も優れたオフロード車の一つと考えられています。かなり険しい地形を運転する場合でも、元の車両を改良する必要がほとんどない点が熱狂的なファンには喜ばれています。

Advertisement

このかわいい小型SUVは、どちらの国の車か分かりますか?

小型オフロード車のジムニーは、1970年代からスズキが生産している車で、現在は三世代目が販売されています。二輪駆動が四輪駆動から選ぶことができ、動力装置は、1.4リットルを最大とした一連のオプションから選ぶことができます。

Advertisement

このハイブリッドスポーツカーは日本車でしょうか?イギリス車でしょうか?

ハイブリッド車であるアストンマーティン・ヴァルキリーの価格は約3億5千万円(約320万ドル)です!6.5リットルV12 エンジンと電気モーターを搭載し、併せて1000馬力を出力します。

Advertisement

もっと多くのクイズを見る